« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

つぼみ

今年、6月頃シンビジュームを久しぶりに植え替えました。

鉢から抜くと根が黒くなっていました。 5鉢位あるのですが多分もう駄目かなと思っていましたがあれから新芽も出て蕾も付き始めました。

10年位前に買ったピンクの花が咲くシンビジュームです。

001

新芽も出てバルブもしっかりして、今年は良い花が見られそうです。

003

パフィオも今年は沢山の蕾が付きました。毎年、蕾はつくのですが咲く前に枯れてしまいます。今年こそ頑張って咲いて欲しい。

004

毎年、郵便受けの上に春から真夏、秋と置きっぱなしなので葉焼けしています。でも今年の猛暑に負けず沢山蕾をつけてくれました。

006

クリスマスローズ、ダブルファンタジーの花芽(多分)。この花は毎年早くに蕾をつけるので新芽ではなく蕾と思っています。

007

アップした映像が地味なので綺麗に咲いた山茶花を載せてみました。

009

これは、コンペイトウ(金平糖)と云う種類のシャコバサボテンです。蕾の時はトゲトゲ、コロコロしています。完全に咲くと普通の物とあまり変わりません。

011

どれも頑張って咲いて下さい。

20101130

今年はビニールハウスも新調したので蘭たちも一安心。

うさぎ

来年の干支、うさぎを縮緬で作ってみました。

にんじんうさぎと雪うさぎの二体です。

にんじんうさぎ   手に人参を持っています。

005

雪うさぎ   

009

可愛らしく出来上がりました。

クリスマスタペストリー

簡単なクリスマスタペストリーが出来上がりました。

布地は、シックで色を抑えたものです。

004

地色の布は、全部で6枚使いますが2枚は手持ちの布で間に合わせました。

キルティングは、金銀の糸を使いました。布地が地味なのでキラキラ感が出るようにしてあります。飾りにタッセルをつけると良いと書いて有りましたが、ちょっと派手にクリスマスベルをつけてみました。

002

他愛ないものですが、パッチワークを楽しんでいます。

湧水の町三島市散策

A会恒例の秋のハイキングに三島市に行ってきました。

2~3日前には土曜日は雨と、天気予報が出ていたのですが私の行いが良い(?)せいか今日は快晴。暑い位の良い天気でハイキングを楽しんできました。

最初に梅花藻を保護育てている、三島梅花藻の里へ行ってきました。梅花藻は、綺麗な冷たい水にしか育たない花だそうです。三島の川は、何年か前まで生活排水で汚れ梅花藻が絶えてしまいそうになったそうです。町民一丸となって今、川は綺麗になり梅花藻が増えてきたようです。

点々と白く小さいのが梅花藻です。ここで育成し川に戻しています。

001

源兵衛川   この川の源流は、富士山の湧水で、とても澄んだ美しい流れです。今では、梅花藻、ホタル、カワセミなどが見られます。

005

綺麗に手入れがされています。川沿いの住民も清掃に協力されているそうです。

009

源兵衛川には、川の中を散策できる歩道が整備されています。写真の中の赤い服の男性は、現地案内ボランティアの方です。三島の町を詳しく案内して下さいました。

20101120_4

三島大社  家内安全をお願いしてきました。

016

荘厳な神社です。樹齢1200年と伝えられる大木の金木犀が境内にあります。

017

舞殿、本殿、神門、総門・・・  名石は、源頼朝が参詣の時休憩したとされる腰掛石。

20101120_5

柿田川公園(駿東郡清水町)  富士山の雪解け水が「わき間」から湧き出ています。水温は年中15度を保っているそうです。

021

第2展望台から湧水を覗きました。ブルーに染まった桶(?)の様な所から絶え間なく湧きでています。とても神秘的

024

柿田川公園も整備されていて綺麗な湧水を保っています。

20101120_3

今日は、三島、清水町と訪れ富士山からの贈り物の素晴らしい湧水を見て廻り、自然を大切にしなければという気持ちがとても強くなりました。

ポケットティシュ入れ

A会のTさんからポケットティシュ入れの作り方を教わり夢中になり作ってしまいました。

Tさんも誰かから教わったようです。

009

金襴の布と絹の布の二種類作りました。金襴の方が布に張りがあるので出来上がった時見栄えが良いようです。

作り方

002

布のたたみかた

003

初めに紙かなんかで折ってみると作り方が判ると思います。理屈が解ると、「な~んだ、そうか」と云う感じになり簡単に幾つも作れます。

縫い方

中表にたたんだら、左右端1㎝を縫います。

     (出来上がりは12㎝になります)

ひっくり返した所・・・・・片面を表に返すとティシュを入れる所が出来

             上がります。

20101119_2

出来上がり      絹製なのでふんわりしています。

004_2

同じ柄の物を2個づつ作ったのでかなりの数があります。

絹の布は寸法通りで良いのですが、金襴は布が厚いので若干布を大きく裁って作った方が出来上がった時、布縮みが無くなります。

20101119_1  

簡単だったので沢山作ってしまいました。

これを最初に考えた人はとてもすごいな~と思います。

富士サファリパーク

今日、息子夫婦に誘われ富士サファリパークに出かけてきました。富士サファリパークは、何と30年ぶりです。娘が4歳の時一度行った事があり、その娘はこの間34歳になりました。今日は、孫のピュアと行く事が出来ました。

サファリゾーンは、7つに分かれていて各ゾーンに動物たちが暮らしています。

クマゾーン   色々の種類のクマが生活しています。

009

ライオンゾーン   動物園の様につがいが一組いるだけではなく沢山のライオンがいます。本当に車の間近で見られました。

014

トラゾーン   アムールトラが悠々と歩いています。トラも数えられないくらいいます。縞模様がとても美しい。

015

チーターゾーン   美しい模様の毛並み。

019

ゾウゾーン   アフリカゾウがのびのびと生活しています。ピュアの大好きなゾウさんです。

020

その他に、一般草食ゾーン(キリン、サイ、ラクダ‥)、山岳草食ゾーン(シカ、ヤク、シープ‥)がありました。

動物が大好きなピュアが楽しそうに見ています。来園は今日で三回目だそうですが、何度来ても沢山の動物たちに魅了されるようです。

026

サファリゾーンの他に動物と触れ合えるふれあいゾーンがあります。かーたんとピュアがモルモットと触れ合っています。動物が好きなわりに怖々・・・笑

042

駐車場から富士山が見えました。少し冠雪しています。仔馬のポニーのパレードがあり沢山の子供たちがポニーに触ったり馬車に乗ったり・・・

20101113

8月に生まれた雌ライオンの赤ちゃん。遊び疲れてお昼寝タイム。赤ちゃんライオンと一緒の撮影会もありました(とても可愛かった)。白カンガルーが突然取っ組み合い・・・

20101113_1

サファリパークに初めて来た時息子はまだ生まれていませんでした。30年ぶりでしたが孫と来園する事が出来、一日とても楽しめました。沢山の動物が本当に間近で見る事が出来大人でも夢中になってしまいました。

クリスマスツリー

昨日、散歩の途中道路に猫らしきものを発見。

猫にしては顔が大きい・・・  尻尾が丸い・・・     

100m位先から見たのですぐに狸とは気が付きませんでした。道路に狸、初めて遭遇しました。田舎に住んでいるけれど近所で狸を見たのはほんとに初めてでした。狸は、私を見ながらイチジク畑に入って行きました。

話しは変わり、本題。クリスマスシーズンになってきたのでツリーを作ってみました。ピースが大きいので超簡単に出来ました。

ピースをはいでいます。(横着してアイロンもかけてない

005

ピーシングし終わった各部品。鉢を縫いつけてからキルティング。

007

完成  写真ではちょっとわかり難いけれど飾りは、リボンに小さな鐘が付いています。キラキラしてかなり綺麗です。

010

キルト綿が無くなったので手芸店に行くともう店内はクリスマス商品で一杯。

可愛い布が所狭しと並んでいました。キルト綿だけでなく色々なクリスマス用の布も買ってきました。

ヘキサゴンのバック

ヘキサゴンのバックがやっと出来上がりました。デザインは、伊達久美子さんです。

ヘキサゴンはバックの蓋の部分ですが、ここは布の色を決めるのが楽しく早くに出来上がりました。ここから先がバックの組み立てで、そろそろ嫌気が出てきました。

3

組み立て前の状態。元々布が厚く、また元のデザインには無いマチ部分にコードを入れたので益々 布が厚くなり縫うのにとても大変

4

やっとの事で本体部分の縫製完成。下の写真は裏地。夏に東京の吉祥寺で買ってきた薔薇柄の布地を使いました。かなりお気に入りの布です。(でも、バカ安かった

Photo

本体。蓋を開けるとマグネットでバックが開かないようになっています。

015

バックの背面にポケットが付いています。(写真の美しい手は私の手です。 笑)

003

完成品です  やっと何とか出来ました。おくたびれ~~

014

気の多い私は、クリスマスツリー、タペストリー、マーガレットのバックと一部出来た作品が目白押しに待っています。

プレクトランサス・ケープエンジェル

去年、御近所さんから頂いた枝一本を三個ぐらいに分け、挿し芽したプレクトランサスが秋になり満開になりました。この花は、夏にも咲いたのですが葉や花を虫に食べられてしまい散々な姿になっていました。シソ科の植物なのかバッタの御馳走となり、いも虫、バッタに集中的にやられていました。秋になりバッタも少なくなりやっと食害されなくなり咲き始めています。

とても綺麗になり感激です

001

爽やかな薄紫色の花です。清楚な花のわりには、簡単に挿し芽で増えます。(我が家では樹木の下で冬越ししました。)

002

可愛い花が沢山ついています。

011

前に頂いた食べれるホウズキの花も咲き始めました。ホウズキの花を初めて見ましたが、2㎝位の可愛い花です。

005

ホウズキの横顔。右側にある緑色の垂れさがったのがこの間咲いたホウズキの実です。

006

ホウズキの花も間近で見ると、中々可愛いものです。

007

ホウズキは、普通初夏に花が咲くので今、実がなってもこれから冬に向かうので実が大きくなるかどうか?

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ