« ペットボトルケース | トップページ | 白薔薇のバック »

日本さくらそう展

「草薙草友会」から日本さくらそうの展示会の案内があった。これは、二月に雪割草の展示会を開いた山野草愛好会からの展示案内です。

Photo

八重になったさくらそう。

Photo_2

薄紫のさくらそう。

Photo_3

これも八重のさくらそう。

Photo_4

Photo_5

薄いピンクのさくらそう。

Photo_7

Photo_6

日本さくらそう

最近は、西洋サクラ草が多いので区別するために「日本さくらそう」と表現したが、本来は「さくらそう」、「サクラソウ」が正しい表現です。それから、野生種を「サクラソウ」、園芸種を「さくらそう」と表現します。昔は、日本全国に分布していたが、今は、保護区以外では絶滅寸前になっています。(草薙草友会のチラシより抜粋)

八重咲きの品種は最近作りだされたようです。ピンク、白、薄紫などとても美しい花ばかりでした。山野草は、育てるのが大変なので、私は展示会で花を見て十分満足しています。

毎回、案内状を楽しみに待っています。

« ペットボトルケース | トップページ | 白薔薇のバック »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

お元気ですか。。
又寒くなりましたね。。
春はやはり 遠くなってる。。。笑
日本のサクラソウ。。見たことがあるようで?
花の名前知らないので。。見てるかもしれません。。あやふやでごめんなさい。。
それにしても可愛いサクラソウです。
part hさんの解説は為になりました。

私も最近東京インタナショナルフラワー・ガーデンショーに行ってきました。。
後でブログに載せますね。

TERAさん いつもコメント有難うございます。

東京は、良いですね。沢山の色んなショーを何時でも好きな時に見られるから。私もガーデンショーを見てみたいです。

ガーデンショーほど大規模ではありませんが、山野草展は、何時も楽しみにしています。
実は、おみやげにさくらそうを頂いたのですが、車の中で夫が花茎を折ってしまい(プリプリ)、葉っぱだけになってしまったので今回は写真を載せませんでした。ほんとに嫌になっちゃう。 (笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本さくらそう展:

« ペットボトルケース | トップページ | 白薔薇のバック »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ