« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

春の庭2

昨日は、とても良いお天気でしたが、今日は、また、雨。 

お天気が不順でも庭には花が咲き乱れています。

Photo_7

都忘れ 紫の可愛い花。

Photo_8

なるこゆり 白い筒状の花が、キュート。

Photo_9 

こでまり 鉢植えだけれど毎年満開になります。私は、この花が大好きです。

Photo_10

カンパヌラータ(シラー)  この花は、駐車場にした所に前は植えてあったが、今は、狭い所に植え替えたけど立派に咲いてくれました。

Photo_12

カラー 球根が落ち色々なところで咲いています。ペンキ塗りの為、色々な鉢が置いてありとても窮屈で、乱雑です。

Photo_13

黄モッコウ薔薇 今年も満開です。

Photo_14

姫うつぎ 卯の花とも言います。

Photo_15

えびね 野生種なので良く咲いてくれます。前に黄えびね(園芸種)もあったが枯れてしまいました。

Photo_17

君子蘭 この花は、以前お向かいに住んでいた方からおよそ30年位前にいただいたものです。息子が生まれる前に引っ越して行かれたのでその位になります。ちなみに息子は今年28歳です。君子蘭は、良く増えるのでご近所の君子蘭は皆お向かいから頂いたものです。

Photo

クレマチス  椿の枝に絡まっています。前に、白、紫など有りましたが今は枯れてしまって有りません。

ペンキ屋さんが入っているので庭は“しっちゃか、めっちゃか”です。

                     (ごちゃ、ごちゃと云う意味)

でも、皆一生懸命咲いてくれます。

 

河童の親子

恒例の“A会”の縮緬細工の集まりが木曜日に有りました。先月に続き、狸囃子を作りましたがこれは完成しませんでした。河童の親子が未完成だったのでこれを仕上げました。

Photo

お父さん、お母さん、子供、三人の河童の親子。バックに池の写真を入れたかったのですが、あいにく無かったので庭の柏葉紫陽花でごまかしました。

Photo_2

甲羅を背負った河童三人で魚釣り。

Photo_3

大きな魚が釣れました。びくは、A会のKUさんが作ってくれました。KUさんは、籐編みのインストラクターなみの方です。籠の部分は3㎝位の大きさです。(とても小さく精巧に出来ています。)

Photo_4

お父さん河童。

Photo_5

お母さん河童と子供河童。

Photo_6

親子三人なかよし。

河童を作っていたら、又、雨になってしまうかな? 

  ペンキが塗れないよ~~

孫の手跡

家を建て直し15年経ち、外壁のペンキ塗りを依頼し、四月十六日に足場を組んだがペンキ屋さんが家を塗ったのはたった1日だけ。毎日、雨が降って一向に進捗しません。足場の解体は四月二十九日の予定です。ペンキ屋さんから、二十九日に解体は無理で日が延びるかもしれないと電話連絡がありました。お天気がずっと悪く、寒かったりと何時になったら春になるのか?

二階の雨戸に孫のライト君の手跡が残っています。ライト君が2~3歳の頃静岡に来た時、何時も「ばあば、ばあば」と私の後についてきて、二階のベランダに洗濯物を干しに行く時に、ベランダに下りる際つかまった雨戸です。

Photo

床から4~50㎝位の所に可愛い手の跡がくっきりと残っています。可愛いので拭きとらないでずっと残しておきました。でも、今回ペンキ塗りをするのでこの跡も無くなってしまうかもしれません。ライト君は、今年小学四年生です。

Photo_3

足場を組み、家の中は暗くなっています。

Photo_4

毎日雨が降って中々終わりません。

Photo_2

これは、ピュアちゃんの手形です。私のお誕生日に“かーたん”が作ってくれた物です。

ライト君も、ピュアちゃんも可愛い私の孫たちです。この可愛い手の跡を見ると、とても幸せな気持ちになります。

白薔薇のバック

東京国際キルトフェスチバルで買ってきたキット商品の白薔薇のバックが、やっと完成した。

このキットは、見返し部分の布がセットされていなかったので、途中で作るのが嫌になってしまった。見返し部分の布を、何でもいいから買おうと思い手芸店に行ったら同じ布が置いてあった。

Photo

これが、その布です。まさか同じ布があると思わなかった。

Photo_2

出来上がった白薔薇のバックです。表面は薔薇の花をピーシングしてあります。

Photo_3

バックの裏面。薔薇の花のパターンをアップリッケしてあります。キルティングも薔薇の花です。

Photo_4

持ち手のアップ写真。斎藤謠子さんのコーナーで買ってきました。薔薇の花が掘られている木製の持ち手です。洒落ているので私は、とても気に入っています。

Photo_5

見返し部分の布が余ったので、この間作ったバックと同じように中が見えないようにファスナーを付けました。

やっと完成したので、お出かけの時に持っていこうと思います。

日本さくらそう展

「草薙草友会」から日本さくらそうの展示会の案内があった。これは、二月に雪割草の展示会を開いた山野草愛好会からの展示案内です。

Photo

八重になったさくらそう。

Photo_2

薄紫のさくらそう。

Photo_3

これも八重のさくらそう。

Photo_4

Photo_5

薄いピンクのさくらそう。

Photo_7

Photo_6

日本さくらそう

最近は、西洋サクラ草が多いので区別するために「日本さくらそう」と表現したが、本来は「さくらそう」、「サクラソウ」が正しい表現です。それから、野生種を「サクラソウ」、園芸種を「さくらそう」と表現します。昔は、日本全国に分布していたが、今は、保護区以外では絶滅寸前になっています。(草薙草友会のチラシより抜粋)

八重咲きの品種は最近作りだされたようです。ピンク、白、薄紫などとても美しい花ばかりでした。山野草は、育てるのが大変なので、私は展示会で花を見て十分満足しています。

毎回、案内状を楽しみに待っています。

ペットボトルケース

五月にA会でハイキングに出かけます。今月のパッチワークは、ハイキングに合わせてペットボトルケースを作ろうということで作成しました。

Photo

出来上がったペットボトルケース。風車のパターンでキルトしてあります。

Photo_2

中に保冷シートを縫い込んであります。

Photo_3

風車のピースは、赤、紫、黄色、ピンク、緑の五色。

Photo_4

黄色とピンクのピース。

Photo_5

全体図。  レースは、OHさんからの貰いもの。(有難う!!)

4月9日(金)にパッチワークの集まりがあったが、ハイキングと云う目的があったので今回は、早く作ることが出来ました。いつも、こうあればいいのですが。

春の庭

我家の春の庭

Photo

オキザリス  毎年、球根が沢山分球します。他に薄いピンクの花や葉が紫の物もあります。

Photo_2

しらゆきけし  可憐な可愛い花です。名前は、可憐でも、根は太くてとてもたくましく、すごく増えます。我家では、鉢植えにして地植えには絶対しません。

Photo_3

ペチュニア  毎年、こぼれ種が発芽して咲きます。

Photo_4

カロライナジャスミン  良い香りが、庭中に漂います。

Photo_5

シャガ  これは、昔裏山で咲いていた物を採ってきました。日陰でも咲きます。

Photo_6

ムラサキナズナ  何時も行く、マーケットで買ってきた物で、値段は150円でした。小さな可愛い花。一番、おNEWな花です。

Photo_7

寄せ植え  いつもの、マーケットで安いのでついつい買ってしまいます。テーマはありません。見た目で買って、適当に植えてあります。(センス、全然無し)

Photo_8

うんなんかずら  と、言うそうです。私は、草かと思っていたら隣の奥さん(隣から種が飛んできた)が名前を教えてくれて、どうも山野草みたいです。とても小さな花が可愛い。

Photo_9

椿  別の一重咲き椿の種が発芽して咲いたものです。もう何十年と経っていて、毎年、大きな花を咲かせてくれます。

Photo_10

楓  若葉がとても綺麗。これはA会でハイキングに行った時、どこのお寺かは忘れたけれど種を拾ってきて播いたものです。一応、盆栽仕立てにしてあります。

何処にでも有る平凡な花々ですが、こうやってブログに載せたり記録に残せるのはとても嬉しい事です。花を育てる楽しみが少しでも伝わったらと思います。

花々も喜んでくれるかな?

筍ほり

夫の会社の裏山へ筍ほりに出かけた。去年は、裏年であまり取れなかったが、今年は表年で筍がかなり取れた。と、言っても実は山に行ったら夫の会社の先輩(筍ほりの名人)が来ていて何本かは掘ってくれたからです。

Photo_12

竹林。今日は、天気が良かったので竹がとても綺麗でした。 

Photo_13

やっと見つけた筍。頑張って掘っています。ちょんちょん鍬なので悪戦苦闘。

Photo_17

今日の収穫品。一番大きいのは先輩が掘ってくれたもの。

Photo_18

帰り際、浦島草を見つけた。長い釣り竿が伸びていてとてもユニーク。

Photo_19

面白い形をしています。今まで、この山でまむし草は良く見たけれど、今年初めて浦島草を見ました。

Photo_20

茹でた筍。私は、糠を入れて茹でます。

Photo_22

穂先は柔らかいので辛子酢味噌で食べます。なかなかの味です。

Photo_21

筍の土佐煮。鰹節を入れて煮ます。山椒の木の芽を飾って出来上がり。山椒は、庭から取ってきます。筍の時期に山椒が芽吹き、いつも料理に使っています。私は、山椒のさわやかな香りが大好きです。   

畳表替

阪神の地震があった翌年に家を建て替え15年経った。東海沖地震はかならず起きると言われ続け、我家はいわゆる“安普請”だったので、いつ倒壊するかわからない。それに子供はまだ専門学校生と中学生、なにか有ってはと“一念発起”建て替えを決心した。セキスイツーユーホームの広告にひかれ新築したが、あれから15年経った。古い家の時、畳表を変えたことはあったが、いぐさの畳はカビが生えてしまいひどい目にあった。そのころ、娘が高校受験を控えていたが、畳のカビの為ひどい鼻炎になってしまい、散々の病院通い。それでもういぐさは懲り懲りで新しい家は、セキスイ美草の畳にした。その畳が15年ももった。(まあ、替えるお金もなかった事も有るが)

Photo

畳を取り替える前。写真では、あまりわからないが日のあたる所が大分ささくれていた。

Photo_2

畳が無い状態。掃除機を一生懸命かけたが、掃除機が目詰まりして2~3回もごみを捨てた。たまには畳を上げて掃除すればよかったと思う。

Photo_3

新しい畳が入った後。この、セキスイ美草の畳はカビが生えにくく、ダニも発生しにくいので健康的でとても良い。また、長持ちするのでとても経済的だと思う。いぐさの良い香りはしないけど、これでまた15年は大丈夫だろう。(笑) 

バルボコジュウム

バルボコジュウムが開花しました。この花もご近所さんから頂いたものです。私の花々は、結構ご近所さんから頂いた物が多いです。

Photo

開花前の状態。水仙の原種ですが、葉っぱは線みたいに細く、毎年沢山分球します。

Photo_3

今日の状態です。花は、ラッパ水仙のラッパ部分だけ。

Photo_4

濃い黄色の可愛い花で、もっこう薔薇の植木鉢に無理やり球根を植え付けてあります。(o^-^o)

黄もっこう薔薇も蕾をたくさん付けて開花を待っています。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ