« パッチワーク | トップページ | 浜名湖立体花博2009 »

頼牙

我が家の愛犬、”頼牙”が亡くなって丸三年たちました。

頼牙が生きていた頃私は、卵屋さんにパート勤めをしていました。

仕事から帰ってくると、頼牙は一生懸命尻尾を振って迎えてくれ

ました。大きな目をした可愛い犬でした。

頼牙は、卵が大好きでした。ゆで卵にしたり、ドックフードに卵を

かけて卵かけご飯にしたりしました。朝、お弁当のおかずに卵を

焼くと、そのにおいで「わん、わん」吠えながら”小躍り”していま

した。

もちろん、一切れは頼牙の物です。

毎日、散歩など色々世話をするのは面倒くさいと、思った事も

ありますが、亡くなってみると色々の事を思い出します。

頼牙は、人なっこい、動物なっこい犬でした。

散歩の途中、猫にあったとき尻尾を振って近づいて行き、猫に

かじられたこともありました。どの犬にもかならず尻尾を振って

近づこうとしていました。

思い出すと、楽しかったことばかりです。

Photo

この写真は、”戌年”の時のものです。

2

可愛い顔をしています。

« パッチワーク | トップページ | 浜名湖立体花博2009 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頼牙:

« パッチワーク | トップページ | 浜名湖立体花博2009 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ